田山花袋

田山花袋

1872(明治4年)年1月22日、群馬県邑楽郡館林林町に生まれる。本名は録弥。1891年、尾崎紅葉を訪問、江見水蔭を紹介される。太田玉茗、柳田國男、島崎藤村、国木田独歩らとの交流も始まり新体詩を書くようになる。1899年、博文館編集局入社(1912年退社)。「少年世界」、「文章世界」に携わる。1901年に序文で写実主義宣言を行った『野の花』を刊行。1904年に自然主義文学論「露骨なる描写」を発表、その実践作「蒲団」(1907)が評判になる。以後、自伝三部作の『生』(1908)、『妻』(1909)、『縁』(1910)のほか、『田舎教師』(1909)、『時は過ぎ行く』(1916)、『東京の三十年』(1917)、『百夜』(1927)など。1930年没。見舞いに来た島崎藤村に「田山君、死んで行く時の気持ちはどういうものかね」と尋ねられて「暗い暗いところへ落ちて行くようだ」と答える。全集には『田山花袋全集』(全16巻、文泉堂書店)がある。

連載中の作品

電子書籍

生

1904年の評論「露骨なる描写」と1907年の短編小説「蒲団」で自然主義文学をリードした田山花袋が、「平面描写論」のさらなる実践として、1908年、読売新聞に連載した自伝三部作の第一部に当たります(第二部は日本新聞に連載「妻」、第三部は毎日電報に連載した「縁」)。友人でライバルの島崎藤村が同時期に朝日新聞に「春」を連載していたこともあり、世間の注目を集めました。「生」では、明治時代前半までの田山家(作中では吉田家)の歩みと、癌を病む母の介護と死をきっかけにして、家族が再生していく様子が描かれており、老いた親との同居と介護という今日性のあるテーマが特徴的です。ITmedia 名作文庫では、『生』(易風社、1910年3月15日発行第3版)を底本に、2010年の常用漢字改定に照らし合わせ、現代仮名遣いへ改めました。底本は総ルビのため、当て字を除き常用漢字のルビは削除しています。

(2015年3月 6日 発売)