屍の街

屍の街大田洋子

戦前は少女小説家としても知られていた大田洋子が、広島原爆被曝の体験直後から書き綴った「屍の街」。1948年、中央公論社から発売されるが、GHQの検閲を考慮した「自発的な」削除版でした。著者は無削除版を1950年に冬芽書房から発行。ITmedia 名作文庫ではこの冬芽書房版を元に電子復刊します。巻頭には、同じく原爆をテーマにした作家、原民喜の解説を掲載。「(冬芽書房版の)序」「いまだ癒えぬ傷あと」「屍の街」「一九四五年の夏」「原子爆弾抄」を収録します。著者には放射線後遺症への不安をテーマにした「半人間」等の著作もあり、こちらも刊行を予定しています。

  • 発売日
  • 価格300円

この書籍を購入できるストア

kindle.gifkobo.gifyahoo.gifhikaritv.gifmangazenkan.gif7net.gifbooklive.gifbooklivetoshiba.gifkinoppy.gifibookstore.gifcmoa.gif

目次

屍の街

屍の街連載終了

私は1945年の8月から11月にかけて、生と死の紙一重のあいだにおり、いつ死の方に引き摺って行かれるかわからぬ瞬間を生きて、「屍の街」を書いた。(著者)

表記等について

  1. 読みやすさを優先し、原則として旧仮名遣いを新仮名遣いに改めるほか常用漢字表の新字体を使用するが、原文に文語文がある場合はそのかぎりではない。
  2. 常用漢字表にない漢字、当て字、異字は初出時に振り仮名を付ける。
  3. 難読語で原文を損なうおそれが少ないと思われるものについては仮名に改める。
  4. 振り仮名はブラウザによって表示が異なる。ChromeとInternet Explorerでは文字の上に振り仮名が振られる「ルビ表示」となるが、Firefoxでは文字の後に()で表示される。文字を強調する傍点は、FirefoxとInternet Explorerでは太字で表示される。
  5. ITmedia 名作文庫は、散文作品(小説、随筆、評論、日記等)を主体とする。なるべく初刊本に近いものを底本に選び、全集等、先人たちの校訂を参照する。著者の死後50年を過ぎた作品群の中には、21世紀の今日の観点からみると、差別を始めとした不適切な表現ないしは同表現ととられかねない箇所が見受けられることがあるが、原文の歴史的価値を鑑みて底本どおりとする。