大田洋子

大田洋子

1906年広島生まれ。8歳のとき父母が離婚し、親類の大田家の籍に入る。江田島、尾道、大阪、東京で、小学校教師やカフェの女給として働きながら小説を書く。長谷川時雨主宰の『女人芸術』に参加。1939年に中央公論の懸賞小説に、1940年に朝日新聞の懸賞小説に入選。以後、小説家として本格的に活躍。1945年、疎開先の広島で被曝。被爆とその後遺症をテーマにした『屍の街』(1948)『人間襤褸』(1954)『半人間』(1954)などで原爆作家として有名になる。1963年没。1982年に「大田洋子集全4巻」が三一書房から刊行された。

連載中の作品

電子書籍

屍の街

戦前は少女小説家としても知られていた大田洋子が、広島原爆被曝の体験直後から書き綴った「屍の街」。1948年、中央公論社から発売されるが、GHQの検閲を考慮した「自発的な」削除版でした。著者は無削除版を1950年に冬芽書房から発行。ITmedia 名作文庫ではこの冬芽書房版を元に電子復刊します。巻頭には、同じく原爆をテーマにした作家、原民喜の解説を掲載。「(冬芽書房版の)序」「いまだ癒えぬ傷あと」「屍の街」「一九四五年の夏」「原子爆弾抄」を収録します。著者には放射線後遺症への不安をテーマにした「半人間」等の著作もあり、こちらも刊行を予定しています。

(2014年9月26日 発売)