» 公開

芥川龍之介の「羅生門」展――日本近代文学館で6月24日から

 今年の7月24日に没後90年を迎える芥川龍之介日本近代文学館では夏季企画展「教科書のなかの文学/教室のそとの文学──芥川龍之介『羅生門』とその時代」を開催する。

kindai.png 芥川の作品「羅生門」は現在多くの高校教科書に採用されているほか、映画や舞台・オペラ等の原作とされるなど芥川文学の代名詞ともいえる。

 本企画展では学校で「羅生門」を履修した高校生を第一の対象に想定。作品「羅生門」の成立過程のほか、「今昔物語」などその背景について紹介し、さらに芥川の文壇デビューを励ました夏目漱石との交流など、芥川の生涯を追う。

 近代文学の黎明期から「羅生門」の時代に至るまでの小説の歴史を振り返り、芥川を取り囲んでいた文学の世界が一瞥できる。

 展示は複製資料が中心。入館料は100円。9月16日まで。