» 公開

時代劇画の平田弘史、弥生美術館で画業60年記念本格的展示

 ガラケー時代から電子書籍化が着実に進んできたコミック分野。60年にわたり時代劇画を描き続けてきた平田弘史の主要作品「弓道士魂」「薩摩義士伝」「黒田三十六計」もKindle、kobo等主要プラットフォームで読むことができる。徹底した時代考証で定評がある平田作品はまた、無名の下級武士と一体化し、理不尽な格差社会への怒りと悲しみ、そして抵抗が描かれている。

 弥生美術館では、その平田弘史の画業60年を記念し、本格的な展覧会「超絶入魂!時代劇画の神 平田弘史に刮目せよ!」を2017年1月3日から開催する。初公開原画を含む300点が展示されるほか、「寺田克也スペシャルトークショウ」「平田弘史先生サイン会」も予定されている。

平田弘史展

 入館料は一般900円。展覧会は一部展示替えを行い3月26日まで開催。