中村武羅夫

中村武羅夫

1886年生まれ。北海道岩見沢の小学校代用教員を経て上京、尾崎紅葉の弟子である小栗風葉に師事する。「新潮」の訪問記者を振り出しに「新潮」の中心的存在となった。1925年以降は、プロレタリア文学に対抗。「不同調」、「近代生活」を創刊、新興芸術派の拠点を作る。通俗小説の著書も多数。1942年、日本文学報国会設立の中心(常任理事)となった。1949年没。(肖像写真は日本近代文学館所蔵)

連載中の作品

電子書籍

明治大正の文学者

「新潮」の訪問記者を振り出しに、終戦直前まで編集者・小説家として活躍した中村武羅夫が追想する「日本近代文学史」。1942~43年の間、「新潮」に連載された「明治大正の文学者たち」を元に、『明治大正の文学者』の題名で1949年留女書房から刊行されました。ITmedia 名作文庫では、留女書房版を底本に、現代仮名遣いへ改めるとともに、常用外漢字にはルビを振り、読みやすくしました。

(2014年9月19日 発売)