芥川龍之介

芥川龍之介

1892年3月東京市京橋区(現東京都中央区)、新原敏三の長男として生まれるが、母の実家である本所の芥川家で育てられる。12歳の時に叔父の養子となり、芥川姓となる。府立三中、一高、東京帝国大学英文科卒業。帝大在学中に、一高時代の同級生だった久米正雄、菊池寛らと「新思潮」(第三次)創刊。同誌に翻訳や小説を発表、夏目漱石の門下に入り、短編小説を中心に作家活動に入る。「羅生門」(1915)、「鼻」(1916)、「蜘蛛の糸」(1918)、「地獄変」(1918)、「杜子春」(1920)、「河童」(1927)など有名作品は多数。1927年7月没。出版各社から「芥川龍之介全集」が刊行されている。(肖像写真は日本近代文学館所蔵)

連載中の作品

電子書籍

支那游記

芥川龍之介は、1921年3月から7月までの4ヶ月間、大阪毎日新聞社の海外視察員として中国を訪れ各地を訪問しました。帰国後、大阪毎日新聞に掲載された紀行文等を中心にまとめられたのが『支那游記(しなゆうき)』(改造社、1925)です。この旅行後、芥川の心身の衰えが始まります。いったい、芥川は中国で何を見たのでしょうか?『支那游記』は「上海游記」「江南游記」「長江游記」「北京日記抄」「雑信一束」で構成されています。改造社版の底本は全文振り仮名の付いた「総ルビ」ですが、ITmedia 名作文庫では常用外漢字など、読みづらい文字に振られた一部のルビ以外は省略するとともに、新聞連載時のイメージで、毎日一編ずつ掲載していきます。

(2015年12月25日 発売)